構成文化財

三笠市

北炭幌内炭鉱音羽坑

ほくたんほろないたんこうおとわこう

1879(明治12)年、幌内炭鉱で最初に開削された延長約700mの坑道。当初は「大坑道」と称する基幹的な採炭坑道だったが、1896(明治29)年以降は排気坑に転用。大正~昭和初期になって稼行区域が次第に北側へ深部化するにつれて無能化し、1989(平成元)年の閉山時に密閉された。北海道近代炭鉱の端緒である場所性価値は高い。

  • おすすめアイテム 長靴、虫よけ、熊対策グッズ
北炭幌内炭鉱音羽坑
所在地三笠市幌内本沢町
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
バス:約1時間30分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間50分(国道38号線経由)
JR:約2時間50分(空港リムジンバス→函館本線→岩見沢→バス)
お問い合わせ三笠ジオパーク推進協議会
電話番号 01267-2-3997

三笠市内にある他の構成文化財