構成文化財

三笠市

北炭幾春別炭鉱錦立坑櫓

ほくたんいくしゅんべつたんこうにしきたてこうやぐら

1885(明治18)年開鉱の北炭幾春別炭鉱は、深部化により坑口を集約し効率化を図るため1919(大正8)年に錦立坑を掘削。立坑深度214m、立坑櫓高さ約10mで、現存する立坑としては道内最古。スキップ揚炭した石炭を立坑内で炭車に積みかえ選炭機に搬出するためのレンガ造水平坑口の存在が特徴的。

  • 施設専属ガイドあり(有料)
  • おすすめアイテム 双眼鏡、虫よけ、熊対策グッズ
  • 駐車場あり
北炭幾春別炭鉱錦立坑櫓-1
北炭幾春別炭鉱錦立坑櫓-2

所在地三笠市幾春別錦町
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
バス:約1時間30分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間50分(国道38号線経由)
JR:約2時間50分(空港リムジンバス→函館本線→岩見沢→バス)
お問い合わせ三笠ジオパーク推進協議会
電話番号 01267-2-3997

三笠市内にある他の構成文化財