構成文化財

三笠市

幌内変電所

ほろないへんでんしょ

※外観のみ見学可(年に数回内部公開)

1919(大正8)年に夕張からの北炭高圧送電線の開通に合わせ建設された、2階建・延床面積188㎡のRCレンガ造の変電所で、1989(平成元)年の幌内炭鉱閉山まで稼働していた。夕張~歌志内間約100kmの自家発送電線網の中間に位置し、長距離送電黎明期の数少ない施設として貴重である。

  • おすすめアイテム 虫よけ、熊対策グッズ
  • 駐車場あり(数台程度)
幌内変電所
所在地三笠市幌内本沢町
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
バス:約1時間30分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間50分(国道38号線経由)
JR:約2時間50分(空港リムジンバス→函館本線→岩見沢→バス)
お問い合わせ三笠ジオパーク推進協議会
電話番号 01267-2-3997

三笠市内にある他の構成文化財