構成文化財

岩見沢市

旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場(岩見沢レールセンター)

きゅうほっかいどうたんこうてつどういわみざわこうじょう(いわみざわれーるせんたー)

※非公開(外観のみ見学可)

1899(明治32)年、事業拡張により手狭になった手宮工場の分工場として岩見沢製作所が設置され、鍛冶場・機械場・仕立場・施盤場などを漸次増築し車両の組み立てや機械の制作修理にあたったが、その開設時に建設されたものと考えられる。製作所は1915(大正4)年に廃止されたが、1945(昭和20)年にレールセンターの前身である岩見沢材修場が開設され、現在も北海道旅客鉄道(株)が使用している。建物壁面には北炭の社章 ( コバルト色の円の中に赤い星 ) が残っている。

旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場(岩見沢レールセンター)
所在地岩見沢市有明町中央
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
JR:約30分(函館本線・特急利用)
バス:約1時間(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間50分(道央自動車道経由)
JR:約2時間30分(空港リムジンバス→函館本線)
お問い合わせ北海道旅客鉄道鉄道事業本部
電話番号 011-700-5800

岩見沢市内にある他の構成文化財