構成文化財

夕張市

旧北炭清水沢水力発電所

きゅうほくたんしみずさわすいりょくはつでんしょ

※遠望のみ

電力負荷の増大に対応して、清水沢火力発電所隣接の夕張川に堰堤を設け設置された2000キロワット水力発電所で、1938(昭和13)年稼働開始。1949(昭和24)年には、夕張川利水計画の一環で全額国費負担により堰堤の嵩上げ工事が行われ、2800キロワットに増強、1963(昭和38)年には3400キロワットに増強された。1996(平成6)年に北海道企業局に譲渡された。

  • おすすめアイテム 長靴、双眼鏡、虫よけ、熊対策グッズ
  • 駐車場なし
旧北炭清水沢水力発電所
所在地夕張市清水沢
アクセス【札幌から】
車:約1時間30分(道央自動車道経由)
バス:約2時間(高速バス)

【旭川空港から】
車:約2時間30分(道央自動車道経由)
バス:約4時間30分(札幌経由※JR併用)
お問い合わせ北海道企業局夕張川発電管理事務所
電話番号 0123-57-2542

夕張市内にある他の構成文化財