構成文化財

三笠市

空知集治監典獄官舎レンガ煙突

そらちしゅうじかんてんごくかんしゃれんがえんとつ

空知集治監(1882~1901年)の典獄(所長)官舎のレンガ煙突。1890(明治23)年建設の典獄官舎に、空知集治監で自製したレンガにより設置された。幌内炭鉱では官営時代の1883(明治16)年から北炭時代の1894(明治27)年まで、空知集治監の囚人の使役による採炭がおこなわれていた。

空知集治監典獄官舎レンガ煙突
所在地三笠市本郷町
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
バス:約1時間30分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間50分(国道38号線経由)
JR:約2時間50分(空港リムジンバス→函館本線→岩見沢→バス)
お問い合わせ三笠ジオパーク推進協議会
電話番号  01267-2-3997

三笠市内にある他の構成文化財