ストーリーの構成文化財

鉄道

所在地 
小樽市
ふりがな 
てみやせんあとおよびふぞくしせつ
名 称 
手宮線跡及び附属施設
建造年 
1880
概 要 
旧国鉄手宮線は、1880(明治13)年に幌内鉄道の一部である手宮~札幌間を結ぶ北海道最初の鉄道として開通し、北海道開拓に重要な役割を担ってきたが、1962(昭和37)年に旅客営業が廃止され、1985(昭和60)年に廃線された。市内中心部には、旧国鉄手宮線で使用されていた鉄道施設を残し歴史性の保全を重視しながら素朴な風景を演出したオープンスペースを整備し、オープンスペース以外の区間には当時の線路がそのまま残されている。
指定等 
未指定(史跡)
所在地 
小樽市
ふりがな 
きゅうてみやてつどうしせつ(きかんしゃこさんごう)
名 称 
旧手宮鉄道施設(機関車庫三号)
建造年 
1885
概 要 
1885 (明治18)年竣工の、現存するわが国最古の機関車庫。創建時は「煉化石造機関車室」。設計者は、当時の農商務省北海道事業管理局炭磯鉄道事務所鉄道科長・平井晴二郎。室内は、間仕切り壁で東側に1室、西側を車両2 台分の空間に区分している。西側の室内は、中央に石造り八角形の柱を建て、小屋梁を設けている。東側の1室は機関車を吊り上げて修繕することができる構造とするために、壁厚を増し、小屋組を補強している。レンガは「フランス」積み。
指定等 
国重文(建造物)
所在地 
小樽市
ふりがな 
おたるちゅうおういちば
名 称 
小樽中央市場
建造年 
1953・1956
概 要 
1946年外地からの引き揚げ者によっるバラック店舗からスタートした市場で、仕入れた鮮魚やかまぼこをブリキ缶に入れ風呂敷で背負った行商人「通称ガンガン部隊」が鉄道を使い空知の産炭地へ向かっていた。
指定等 
未指定(建造物)
所在地 
岩見沢市
ふりがな 
きゅうほっかいどうたんこうてつどういわみざわこうじょう(いわみざわれーるせんたー)
名 称 
旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場(岩見沢レールセンター)
建造年 
1899
概 要 
1889 (明治32)年、事業拡張により手狭になった手宮工場の分工場として岩見沢製作所が設置され、鍛冶場・機械場・仕立場・旋盤場などを漸次増築し車両の組み立てや機械の製作修理にあたったが、その開設時に建設されたものと考えられる。製作所は1915(大正4)年に廃止されたが、1945(昭和20)年にレールセンターの前身である岩見沢材修場が開設され、現在も北海道旅客鉄道味が使用している。建物壁面には北炭の社章(コバルト色の円の中に赤い星)が残っている。
指定等 
未指定(建造物)
所在地 
室蘭市
ふりがな 
むろらんしきゅうむろらんえきしゃ
名 称 
室蘭市旧室蘭駅舎
建造年 
1912
概 要 
1912 (明治45)年に建設された木造2階建の駅舎。建築様式は寄棟造りで、明治の洋風建築の面影を残す屋根や白壁づくりの外観、外回りは入母屋風で「がんぎ」と呼ばれるアーケード様式になっている。細部の意匠は,洋風で仕上げられており、軒下の持ち送り、屋根上のドーマー窓、方杖をもったアーケードの軒支柱、1階の縦長の窓等に特徴がある。3代目の室蘭駅舎として1997(平成9)年まで稼働していた。
指定等 
国登録有形(建造物)
所在地 
岩見沢市
ふりがな 
あさひえきしゃ
名 称 
朝日駅舎
建造年 
1919
概 要 
地元住民の炭請願によって1919(大正8)年に開駅した当時の駅舎。1955(昭和30)年には選炭機増設工事が行われ、ホッパーも木造から鉄骨造になるなど出炭増加に備えた設備投資が行われたことに対応して、1956(昭和31)年に駅舎を改修した。1974(昭和49)年に朝日炭鉱が閉山し、1978(昭和53)年に無人駅化、1985(昭和60)年万字線廃止に伴い廃駅となった。1999(平成11)年、駅舎周辺が万字鉄道公園として整備されB20形蒸気機関車が東山公園から移設された。
指定等 
未指定(建造物)
所在地 
岩見沢市
ふりがな 
いわみざわそうしゃじょうあと
名 称 
岩見沢操車場跡
建造年 
1922
概 要 
1922(大正11)年に建設が始まった貨車操車場で、1926(大正15)年には5線群からなる操車場が完成し平均1,617両/日(現車)を操車するに至った。操車能力は1953(昭和28)~1957年改良工事で1,800両/日に、1959(昭和34)~1962年の志文~岩見沢間増線など第2期改良工事で2,500両/日に増強。函館本線・室蘭本線の着発が平面で支障しないよう完全抱き込み式操車場とすべく計画されていたが、工事が進捗するにつれ貨物輸送量、特に石炭輸送が減少したため計画は未遂に終わった。1968(昭和43)年の函館本線小樽~滝川間電化開業に合わせて岩見沢第二機関区が開設されたが、石炭貨物輸送と電気機関車牽引列車の廃止により1994(平成6)年に廃止された。
指定等 
未指定(史跡)
所在地 
三笠市
ふりがな 
とうまつえきしゃ
名 称 
唐松駅舎
建造年 
1929
概 要 
1929 (昭和4)年に住友唐松炭鉱の石炭搬出貨物駅として開駅、新幌内砿出炭開始により貨物や駅勢圏住民が急増したことから、1941(昭和16)年と1957(昭和32)年に増築された。ギャンブレル屋根(二面切妻の二段勾配屋根)で 待合室部分と駅事務室部分の2棟が直交し組み合わされた独特な形態が特徴的である。
指定等 
未指定(建造物)
所在地 
沼田町
ふりがな 
くらうす15ごうじょうききかんしゃ
名 称 
クラウス15号蒸気機関車
建造年 
1889
概 要 
1889 (明治22)年ドイツ・クラウス社で製造された蒸気機関車。九州鉄道に輸入され、日本国有鉄道、東京横浜電鉄を経て、1931(昭和6)年に留萌鉄道に譲渡された。1967(昭和42)年まで明治鉱業昭和炭鉱で稼働した。
指定等 
町有形(美術工芸品)
所在地 
安平町
ふりがな 
じょうききかんしゃD51 320ごうき
名 称 
蒸気機関車 D51 320号機
建造年 
1939
概 要 
貨物用テンダー式蒸気機関車で、同一形式としては日本最大の1,184両が製造された。D51形機は9600形機とともに炭鉄港エリアでも石炭列車牽引機として活躍し各地で保存されているが、岩見沢第一機関区とならぶ運炭輸送の中核であった追分機関区が存在した地域性や、現在も元機関士達による手入れが続けられていることなどから、代表して構成資産に掲載した。当該機は、1939年・日立製作所笠戸工場で製造され後に北海道へ配備され、1970年に小樽築港機関区、1972年に追分機関区に転属し、1976年に廃車となった。
指定等 
町有形(美術工芸品)
所在地 
芦別市
ふりがな 
きゅうみついあしべつてつどう たんざんがわきょうりょう
名 称 
旧三井芦別鉄道 炭山川橋梁
建造年 
1945
概 要 
1945 (昭和20)年12月に竣工した、芦別川支流の炭山川上に架かる三井鉱山昧専用鉄道の橋梁。橋長94m、鋼製6連プレートガーター桁橋とコンクリート造2連アーチからなり、線形は緩やかな曲線を描く。炭山川の深い渓谷に高さ30m、最大直径7mのコンクリート製橋脚5本が並び立っている。鉄橋上にはデイーゼル機関車(50Tデイーゼル機関車。DD501号)と石炭専用貨車セキ3820が展示されている。
指定等 
国登録有形(建造物)
所在地 
美唄市
ふりがな 
びばいてつどうとうめいえきしゃ
名 称 
美唄鉄道東明駅舎
建造年 
1948
概 要 
1948 (昭和23)年に開業した美唄鉄道の駅舎で木造平屋建。第二次世界大戦以前は東明(しののめ)と呼ばれる畑作中心の農村地域だったが、戦後に三井・三菱両炭鉱の住宅街に変わり、1948(昭和23)年に東明(とうめい)駅が設置されたのを契機に一帯を「とうめい」と呼称するようになった。1972(昭和47)年に鉄道が廃止された際、東明駅舎と鉄道関係資料が三菱鉱業から寄贈された。現在は、駅舎の他に、機関車、プラットホームが残っている。
指定等 
未指定(建造物)
市有形(美術工芸品)
所在地 
美唄市
ふりがな 
4110けいしきじゅうりんれんけつタンクきかんしゃ2ごう
名 称 
4110形式十輪連結タンク機関車2号
建造年 
1919
概 要 
1919 (大正8)年に製造されたE型蒸気機関車で国鉄4110形と同形式。美唄鉄道が三菱造船昧神戸造船所に発注したもので製造費は221,609円。三菱造船の蒸気機関車第1号となった。全動輪上に全荷重がかかるため空転が少なく、急勾配と曲線に強いため国鉄では最初に庭坂機関区や人吉機関区に配属された。1972年(昭和47年)の美唄鉄道廃止まで使用された後に美唄市へ寄贈された。
指定等 
未指定(建造物)
市有形(美術工芸品)