構成文化財

三笠市

三笠市役所庁舎

みかさしやくしょちょうしゃ

1954(昭和29)年着工、1956(昭和31)年竣工の市役所庁舎で、Y字型の形状をした鉄筋コンクリート造・2階建。中心部には展望室塔屋が、各頂点には議場(現存)・消防署(移転)が配置された。東京厚生年金病院(設計=山田守、1953年竣工)と形状が似ており、建設場所が放射状街路の特徴を有する区画整理事業で整備された敷地であること、市制施行を目前に控えていたことなどから、設計担当の市建築主事が意欲的に取り組んだと見られる。その後、増築され、現在は3階建となっている。

  • 駐車場あり
三笠市役所庁舎

所在地三笠市幸町2番地
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
バス:約1時間30分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間50分(国道38号線経由)
JR:約2時間50分(空港リムジンバス→函館本線→岩見沢→バス)
お問い合わせ三笠ジオパーク推進協議会
電話番号 01267-2-3997

三笠市内にある他の構成文化財