構成文化財

三笠市

北炭新幌内砿坑口

ほくたんしんほろないこうこうぐち

※遠望のみ

1925(大正14)年に日支炭鉱汽船(株)により開発が着手され、三度のガス爆発にあいながら昭和鉱業(株)によって1934(昭和9)年に出炭開始。わずか4年で年産45万tの大炭鉱に成長したが、資金や鉱区の制約から1941(昭和16)年に北炭に吸収合併された。1967(昭和42)年・幌内砿と統合するまでの主要坑口(本卸・連卸)や斜坑巻原動機基礎が残っている。

  • おすすめアイテム 双眼鏡、虫よけ、熊対策グッズ
北炭新幌内砿坑口
所在地三笠市唐松緑町
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
バス:約1時間30分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間50分(国道38号線経由)
JR:約2時間50分(空港リムジンバス→函館本線→岩見沢→バス)
お問い合わせ三笠ジオパーク推進協議会
電話番号 01267-2-3997

三笠市内にある他の構成文化財