構成文化財

三笠市

唐松駅舎

からまつえきしゃ

1929(昭和4)年に住友唐松炭鉱の石炭搬出貨物駅として開駅、新幌内砿出炭開始により貨物や駅勢圏住民が急増したことから、1941(昭和16)年と1957(昭和32)年に増築された。ギャンブレル屋根(二面切妻の二段勾配屋根)で待合室部分と駅事務室部分の2棟が直交し組み合わされた独特な形態が特徴的である。

  • 駐車場あり(数台程度)
唐松駅舎
所在地三笠市唐松町1丁目
アクセス【札幌から】
車:約1時間(道央自動車道経由)
バス:約1時間30分(高速バス)
【旭川空港から】
車:約1時間50分(国道38号線経由)
JR:約2時間50分(空港リムジンバス→函館本線→岩見沢→バス)
お問い合わせ三笠ジオパーク推進協議会
電話番号 01267-2-3997

三笠市内にある他の構成文化財