構成文化財

室蘭市

室蘭市旧室蘭駅舎

むろらんしきゅうむろらんえきしゃ

1912(明治45)年建設の木造2階建の駅舎。建築様式は寄棟造りで、明治の洋風建築の面影を残す屋根や白壁づくりの外観、外回りは入母屋風で「がんぎ」と呼ばれるアーケード様式。細部の意匠は、洋風で仕上げられており、軒下の持ち送り、屋根上のドーマー窓、方杖をもったアーケードの軒支柱、1階の縦長の窓等に特徴がある。3代目の室蘭駅舎として1997(平成9)年まで稼働していた。

  • 駐車場あり
室蘭市旧室蘭駅舎
所在地室蘭市海岸町1丁目5-1
アクセス【札幌から】
車:約2時間(道央自動車道経由)
JR:約2時間20分(千歳線→室蘭本線)
バス:約2時間40分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約3時間40分(道央自動車道経由)
JR:約4時間50分(空港リムジンバス→函館本線→千歳線→室蘭本線)
お問い合わせ(一社)室蘭観光協会
電話番号 0143-23-0102

室蘭市内にある他の構成文化財