構成文化財

芦別市

旧三井芦別鉄道 炭山川橋梁

きゅうみついあしべつてつどう たんざんがわきょうりょう

1945(昭和20)年12月に竣工した、芦別川支流の炭山川上に架かる三井鉱山(株)専用鉄道の橋梁。橋長94m、鋼製6連プレートガーター桁橋とコンクリート造2連アーチからなり、線形は緩やかな曲線を描く。炭山川の深い渓谷に高さ30m、最大直径7mのコンクリート製橋脚5本が並び立っている。鉄橋上にはディーゼル機関車と石炭専用貨車が展示されている。

  • おすすめアイテム 双眼鏡
旧三井芦別鉄道 炭山川橋梁
所在地芦別市西芦別町~中の丘町
アクセス【札幌から】
車:約1時間50分(道央自動車道経由)
JR:約1時間50分(函館本線→根室本線)
バス:約2時間10分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間20分(国道38号線経由)
JR:約1時間50分(バス→富良野→根室本線)
お問い合わせ芦別市総務部企画政策課まちづくり推進係
電話番号 0124-22-2111

芦別市内にある他の構成文化財