構成文化財

芦別市

旧頼城小学校(星槎大学)校舎及び体育館

きゅうらいじょうしょうがっこう(せいさだいがく)こうしゃおよびたいいくかん

1954(昭和29)年建設の小学校校舎、レンガ造一部鉄筋コンクリート造2階建、延床面積4187㎡。前年に焼失した頼城小学校を、三井鉱山(株)が総工費5200万円全額を負担し再建した。レンガ70万個を用い、36教室・一線校舎全長106mと特異な建築物である。付属する体育館も同年建築。2002(平成14)年に閉校後、2004(平成16)年から星槎大学が校舎として使用。

旧頼成小学校(星槎大学)校舎及び体育館
所在地芦別市緑泉町
アクセス【札幌から】
車:約1時間50分(道央自動車道経由)
JR:約1時間50分(函館本線→根室本線)
バス:約2時間10分(高速バス)

【旭川空港から】
車:約1時間20分(国道38号線経由)
JR:約1時間50分(バス→富良野→根室本線)
お問い合わせ芦別市総務部企画政策課まちづくり推進係
電話番号 0124-22-2111

芦別市内にある他の構成文化財