ストーリーの構成文化財

鉄鋼

所在地 
室蘭市
ふりがな 
きゅうかりょくはつでんじょ(にほんせいこうしょ)
名 称 
旧火力発電所(日本製鋼所)
建造年 
1909
概 要 
1909 年(明治42)年に建設された火力発電施設で、煉瓦造・延床面積3,241㎡。発電所および汽缶室部からなり、合弁先の英国から輸入した発電機3機(1,000KW直流発電機)とボイラー20基(英国製の高圧・水管式汽缶)が格納されていた。1928(昭和3)年に電力会社から初めて電力の供給を受け自家発電との併用を開始。1938(昭和13)年には、全ての電力を電力会社から受電するようになったため、当該発電所は予備扱となり、1961(昭和36)年に廃止された。
指定等 
未指定(建造物)
所在地 
室蘭市
ふりがな 
えびす・だいこくてんぞう
名 称 
恵比寿・大黒天像
建造年 
1909
概 要 
室蘭で初めて製造された鉄を用いて制作された。高炉の火入れを記念して関係者に賭呈されたもの。
指定等 
未指定(美術工芸品)
所在地 
室蘭市
ふりがな 
ずいせんかく
名 称 
瑞泉閣
建造年 
1911
概 要 
1911 (明治44)年に建設された宿泊・接待のための施設。大正天皇が皇太子: J人時代に北海道行啓の際、日本製鋼所室蘭製作所を視察され宿泊所として建設端泉閣しされた。建物は和洋折衷で、洋館199rrl、和館303rrlからなり、外観の無骨(日本襲鋼所) 1911近代化「さとは対照的に洋館内部は英国風の華麗な装飾が特徴的である。2008(平成20)年に外壁・屋根瓦など建設当時の様式を可能な限り再現した改修工事を終え、現在も同製作所の迎賓館として使用されている。
指定等 
未指定(建造物)
所在地 
室蘭市
ふりがな 
にほんせいこうしょむろらんせいさくじょせいぞうふくようき「むろぜろごう」
名 称 
日本製鋼所室蘭製作所製造複葉機エンジン「室0号」
建造年 
1918
概 要 
1918 (大正7年)に日本製鋼所が製作した日本最初の航空機エンジン。陸軍東京工廠から「6 年式ダイムラー100 馬力」10 台の正式受注を受け、わが国初の制式航空発動機として完成した。
指定等 
市有形(美術工芸品)
所在地 
室蘭市
ふりがな 
こうじょうけいかんときぎょうじょうかまちのまちなみ
名 称 
工場景観と企業城下町のまちなみ
建造年 
概 要 
港の周囲の工場群は、夜景観賞の人気スポットとなっている。また製鉄所付近には、最盛期の面影を残す商店街や施設などが残っている。
指定等 
未指定(文化的景観)